フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広島記念病院の不当労働行為

広島記念病院、争議解決報告集会

2月2日、国共病組広島記念病院支部が、病院不当労働行為事件の解決報告集会を開催しました。

病院内で開催された集会には、看護師など組合員の他、これまでたたかいを支えてきた県労連やヒロシマ労連の仲間など40名が参加し、会場いっぱいに明るい笑顔があふれました。
事件の発端は4年前。病院がいきなり全病棟に、それまでの「一日8時間労働」を原則とした3交替制をとりやめ、長時間勤務となる日勤・夜勤を組み合わせた2交替制を、強行導入したことからでした。職場の状況は一変し、看護師の離職や健康破壊など、さまざまな問題が深刻化していきました。組合は団体交渉を通じて解決を求めましたが、当時の病院側の対応は十分な説明努力や資料提供もなく、2年間近く進展がない状況が経過し、やむなく組合が労働委員会への救済申立を行ったものでした。
 110202dscn7407 昨年1月には、県労働委員会が一連の行為を「実質的な交渉拒否」と認定。病院を運営する国家公務員共済組合連合会(東京)に対して改善命令をだしましたが、連合会はこれを不服として中央労働委員会に再審査請求。以来1年間にわたる調査と協議を経て、今年1月12日に和解が成立、労使で協定書が取り交わされ解決にいたったものです。
協定書では、連合会と組合の双方が信頼関係を構築し、「正常な労使関係の確立に一層努める」ことを宣言したうえで、病院が、2交替勤務実施に伴う長時間日勤や夜勤の問題、育児や介護、健康などの事情からの勤務上の措置などに関し、組合に具体的な資料などを示しつつ、「誠実に説明と協議を行う」ことを約しました。また、病院と組合との交渉ルールについても、「十分な説明と協議」を基調とする具体的なとりきめが記述されています。

 

この日の集会は、「地域で共に活動する様々な組合のみなさんからの篤い支援に支えられ、4年間頑張り抜けた。和解成立で、2交替制など職場の仲間の苦しみを解決していく、足がかりをつけられた」との植木支部長のお礼と挨拶で始まりました。東京からかけつけた国共病組の中島副執行委員長が解決の経過を報告し、「協定は、単に広島記念病院支部だけでなく、全国の国共病組加盟組合に共通する貴重な成果」と紹介、寄せられた支110202dscn7421 援に感謝を述べました。また、代理人として、県労委だけでなく中労委の審査まで「二人三脚で駆け抜け」た弁護団から、石口俊一弁護士、平田かおり弁護士も報告に立ち、「和解の成果を本当に生かすため、職場の仲間を迎え、より大きな組合に。いっそう頼りになる、良い病院になってください」という主旨の激励を受けました。
  集会に参加した支援者からも心のこもった慰労と激励の発言が寄せられた後、閉会のあいさつに立った折出支部書記長は、この4年間の職場を振り返り、「組合に新しく仲間を迎えられたときの歓び、”もう働けない”と辞めていった人、職場を去ろうとする仲間をとめられなかった悔しさや申し訳なさなど、今日までの思いを忘れず、働き続けられる職場、患者さんにとってよりよい病院にしていくために、がんばって進みたい」と決意を述べ、集会を終えました。

110202dscn7432

dog急なお願いにもかかわらず、たくさんの皆さんにお集まりいただきました。長い間のご支援ありがとうございましたhappy01

今後ともよろしくお願い申し上げます


広島記念病院の不当労働行為事件が、解決しました!

もう”春一番”を、受けた思いです(*^^)シ

110112_4 職場の仲間の思いを汲んでたたかいぬいてきた、組合のみなさん。激務をおして、役員たちを励まし、共に歩み続けてくださった弁護団の先生方。そして、不当労働行為救済申し立ての発端となった4年前の「長時間勤務・2交替制夜勤強行」以来、常に変わらず篤い支援をよせてくださった全国の仲間の皆さんに、県医労連からも御礼を申し上げます。

※事件の経過については、バックナンバーをご覧ください。

不当労働行為をするとこうなる

100115 調べ物をしてたら、こんなサイトを発見。

救済命令の全文もダウンロードできるとはびっくり。

広島県の同サイトにリンク

職場をよくするたたかいはまだ続いているけれど、

なんか、チョットうれしくないhappy01

記念病院に対し不当労働行為断罪

1月15日広島県労働委員会は、広島記念病院が看護師の勤務体制を3交代から2交代に一方的に変更した事件で、当会加盟組織である国共病組広島記念病院支部との団体交渉に誠実に対応しなかったのは不当労働行為に当たるとして、広島記念病院を運営する国家公務員共済組合連合会に対し、組合側の理解を得られるよう「誠実かつ速やかに」団体交渉に応じなければならないとの救済命令を出しました。 

マスコミ各紙の切り抜き。⇒「b4100116.pdf」をダウンロード

記念病院は2007年4月、職場や組合の声を無視し、いきなり全病棟で看護師の勤務体制を3交替から2交替に変更。以降3年間にわたり、看護師の健康悪化や離職を防ぐため粘り強く交渉を続けてきた記念支部が、昨年7月、県労委に救済を申し立てたものです。

命令書によると、3年間にわたる団体交渉を一連の「継続する行為」ととらえ、2交代提案時点からの団体交渉にさかのぼって、病院側の一連の対応(事前に職員の意見を聞かない、反対が圧倒的多数を占めた職場代表の意見書を考慮しない、組合に対しては一貫して説明資料など具体的なものを示さないままに自説を主張する)事実を認定したうえで、「組合への誠実交渉義務を果たしているとは認められ」ないとし、労働組合法第7条第2号に該当する不当労働行為と認定。「勤務時間や業務内容の改善策の検討状況やその内容に関して、具体的な資料等を用いて説明するなど」して団体交渉に応じるよう、連合会に命じたものです。また、連合会本部に対し、直接交渉にあたった病院側を指導し、「命令の実効性を確保するよう」求めています。

同組合の植木支部長は、翌16日に開かれた県労連評議員会で、寄せられた支援に対する感謝の報告を行い、「職員に大きな負担を強いるし、患者の命にも影響するような二交代制度は許せないと、立ち上がりました。患者の安心安全が守れるような、職員が働きやすい病院にするために、いっそう頑張ります」と話していますhappy01

組合側が救済申立で最大の目標とした、「連合会本部・病院側の誠実交渉義務」を認めた勝利命令であり、あらためて皆さまからの篤いご支援に、御礼申し上げます。

みんなに支えられ結審!年内に命令へ

広島記念病院による不当労働行為の救済申立は、

一年余りにわたる調査・審問を経て、本日結審を迎えましたshine

月末の平日午前にもかかわらず、県労連など他組織からの傍聴支援は18名も!

090831 ありがとうございましたsign03

審問では、双方からの最終準備書面提出とあわせ、

申立人の植木国共病組広島記念病院支部長から口頭陳述が行われました。

「みんなが健康で働きつづけられる職場づくりができるよう、病院には不当労働行為を改めてほしい」

この夏急逝されたある看護師さんの、日頃の真面目で熱心な仕事振りに触れながら、

植木さんの切実なうったえは、審査にのぞんだ多くの方の心根にまで、じん、としみこむようでした。

審査委員からは、年内には結論を出す方向であることが告げられ、審問を終えました。

組合では、「命令をただ待つのでなく、秋の要求交渉なども重ねて、早い問題解決に力を尽くそう」と話し合っています。ひきつづくみなさんからのご支援を、よろしくお願いしますhappy01

熱闘4時間!浮き彫りになった職場軽視

昨日午後は広島記念病院不当労働行為救済申立の証人審問最終日

組合・病院双方から4人の証人に対する審問を、ビッチリ4時間coldsweats01やり通しました!

1090727 傍聴席には30名近い支援参加のみなさん。山口や尾道からも、アツい連帯の参加いただきました。県労連議長をはじめ、地域でたたかう先輩の方々も多数shine

長時間、折りたたみ椅子のうえにsweat01最後まで腰をすえてくださったみなさんに、本当に感謝します。m(_ _ )m

病院側の主張の核心は、「その都度きちんと交渉に応じてきた」というのですが、

病院側証人の反対尋問でも、ボロボロと”厚化粧”が剥がれ落ちていきました。

今回の圧巻は看護部長? そのごく一部のエピソード↓

  • 病院側の主張する「ヒアリング結果」では「大多数が2交替制を支持」というものの、そのヒアリング過程自体が個々の意思確認によるものでなかったばかりか、2交替制を前提として意見聴取されたものであったことを、審査委員の質問で…
  • 2交替制の提案に際しても一切「職場の声は聴いていない」と反対尋問で…。導入前の準夜・深夜にも、導入後の長時間夜勤や長日勤にも従事しない、日勤だけの看護師長さんたちで相談して、「働きやすい」勤務体制として提案したそうです。
  • 組合の求めに対しては1年以上も検証データの提示を放置し続け、未だ示していないにも関わらず、救済申立後にわずか2ヶ月で検証結果をとりまとめたことに触れ、「申立がなければこの結果は組合に伝える予定であった」と居直り?証言。しかし、審査委員からも「検討中であったとしても、その内容を示すことはできたのではなかったか」と尋ねられ、「答えられないです…」と。

次回は8/31(月)午前10時。いよいよ最終審問flairの予定です。

2090727 審問開始前、「控室」で待機する申立人=組合の仲間と、頼もしい代理人=弁護団。

前日も当日午前も続いた、キビシイ打ち合せを終えての、本番前わずかな「ホッとひといきspa」の瞬間。

本音がポロリと…?

090623 今日は国家公務員共済組合連合会広島記念病院の不当労働行為をただす第2回審問(病院側証人の尋問)

病院側からも7人の傍聴(師長さんたちが揃って「休暇」参加でしょうかsmile?)がありましたが、

利用者である国家公務員の仲間を含め、地域から労働組合を応援するサポーターのみなさんが30名以上sign03

fullありがとうございましたm(_ _ )m。ようやく県庁の冷房も稼動し、少し安心しましたpenguin

さて、病院側証人の反対尋問。大きなヤマ場にふさわしく、盛り上がり(?)ました。

一つ目は、「(労使の)協定を守る、努力はするが、義務があると考えてないannoyという内容の

病院事務部長発言の有無。労働法の根幹に触れる見解を、巧みに言い抜けようとの弁明でしたが、

組合側代理人からの音声記録も示した追及で、最後には”沈黙”…。

努力義務と遵守義務の使い分けは、やはり公的な場では通用しませんでした。

そしてsign01最も大きく会場を揺るがした場面は、2交替制導入の「効果」をただす質問の最後。

病院事務部長の証言は「従来時間外労働だったものが、所定内労働時間になったので、

総労働時間が減った。」  …エッ…sign02 会場どよめくbomb発言でした。

だって、看護師の総労働時間は変わってない。減ったのは、看護師の賃金(時間外手当)=病院の支出

何度尋ね直しても、「総労働時間が減った」。しまいには病院側代理人までが同じ質問で「事務部長を追及」するという大波乱wave

3090623 見かねた労働委員会審査委員の助け舟、「わかりません」答弁でその場は収拾しましたが、

用語の混乱なのか、本音がポロリなのか。

そのときを境に、事務部長さんに向けられる会場全体の視線が、ググッと変わったように感じました。

【尾道からの仲間、Aさんの、正直な感想】

  • 開始前→「いずれウチにも(活用の機会が)あるかもしれないので、勉強させていただきます」
  • 終了後→「ぜったい(当事者としては)来たくない!と思いました。」        (^.^)…同感です。

次回は、7月27日(月)午後から、病院側証人と組合側証人で、「現場ではどうだったのか」など明らかにしていきます。引き続きご支援をお願いしますm(_ _ )m

傍聴支援御礼

ども・・・・dog

flair今日は広島記念病院の「不当労働行為救済」審理でした。

ドキドキの証人審問が大幅に時間を超過したものの、無事終わりましたheart04

我々組合側の証人として2人。

現在は全労連事務局次長の井上氏。

そして、国共病組記念支部、支部長の植木氏・・・・coldsweats01

植木氏については本人以上に周りもドキドキheart04でありましたが、「無難」に「無事」に大任を果たされました・・dog「お疲れさまでした。」

県労連の仲間や、医労連のブロックの仲間、国共病組の仲間が県外からも駆けつけ32人の傍聴ear

20090605132951あまりの熱気に扇風機2台をフル回転typhoon

「ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました」happy01

次回は、6月23日火曜日10時から病院側の証人審問ですsign03

dog「引き続き御支援をお願いいたします」wink

「ボウチョウ」あふれちゃいました<(_ _)>傍聴支援御礼

0704 明日に控える広島記念病院の「不当労働行為救済」審理

急なお願いにも関わらず、中国山地をこえて駆けつけてくださる仲間あり。

地域からも多数の支援連絡があり。

みなさん、ありがとうございます!heart04

「入れません」と渋る事務局さんに、やんわりと(?)お願いし、

なんとか現在ご連絡いただいている席数は、確保していただきました。

ただ、これ以上は場内には……あらかじめご容赦くださいm(_ _)mm(_ _)m

限界まできっついお席sweat01となりますが、どうかアツイ声援(無言の)をsign03

20704 本日午後は、弁護士さんたちと証人の皆さんの打ち合わせでした。

みんな、必ず勝ちとる救済命令のため。がんばります(書記局は出番なし…)!!