« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の記事

医労連の「産別最賃アクションプラン」

180518

「産別最賃アクションプラン」のお悩み相談あり。
何をどう変えたいのか、ザックリ説明用に
グラフをつくってみました。

「病院にはたらく看護師」と、
「介護福祉施設にはたらく介護職員」の、
全国一律最低賃金 創設をめざしています。

図の.pdfファイルはコチラ⇒「sanbetsusaichin1805.pdf」をダウンロード 

18春のナースウエーブ

ドモ・・・dog

14日広島県医労連のナースウエーブを開催しました。

まさかの雨rainで署名行動後のカープ観戦は中止のなりましたが、たくさんの市民の皆さんに賛同をいただき、心晴れ晴れな1日のなりましたhappy01

Photo


Photo_2

県労連新聞「ひとの欄」

ドモ・・・dog

毎月25日発行の県労連新聞4月号flair目にされましたでしょかsign02

裏面「2018ひと」の欄に、広島県労働審判員に任命された県医労連藤本健書記長が紹介されていますeye

Dsc_2279_3

紹介文はdogが書きましたcoldsweats01

既に、一部の方から、ご意見が届いておりますが・・

cameraは「本人希望」という事をこの場をお借りしてお知らせしますcoldsweats01

Img_20160413_152528





5月1日はメーデー

ドモ・・・dog

5月1日、県内各地で第89回メーデーが開催され、憲法 ・労働法制改悪などに執着する安倍政権に抗し、平和と民主主義、憲法を守る国民運動に全力で取り組もうと決意を固めました。

Photo
広島市のハノーバー公園で開催された広島県中央メーデーには800人が結集。メ ーデー実行委員会を代表して八幡県労連議長が主催者あいさつ。Photo_2

「今まさにいのちと平和・憲法を守る正念場。戦争する国づくりを進める安倍政権は、憲法9条に自衛隊を明記し、今国会に憲法改正の発議をしようとしている。うそをつく、ごまかす、説明しない、国会を軽視し民主主義を破壊する政権に未来はない。職場と地域で憲法9条改悪を阻止する共同の取り組みをひろげよう」と訴えました。

各団体報告として、郵政産業労働者ユニオン、広島生活保護裁判を支援する会、はたらく女性の広島県集会実行委員会、広島県被団協、広島合同労働組合、2018年憲法集会実行委員会からの報告・アピール。

Dsc_6128

恒例のデコレーション・プラカードコンテストでは、映画『この世界の片隅に』を題材に平和と博兵器廃絶、そして10月の中央集会の告知をアピールした、はたらく女性の広島県実行委員会が第二位に輝きました。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »