フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の記事

まもなく提出!夜勤制限・大幅増員署名(4/27時点全国集計)

160427
5月19日に最終提出行動を予定する、「夜勤制限・大幅増員署名」shine
全国28万を突破、広島は「長期低落傾向」を打ち破り、増勢へと転じましたhappy02

組合員1人あたりでもベスト4へジャンプアップup
「15年県民所得ランキング第8位」という従来の広島の微妙な位置とくらべると、
”頭ひとつ抜けた”感じがします。

さて、「2万筆以上の提出」へ「最後のひと押し」をしてくださる労働組合はドコなのか、
終盤の追い上げのなか、注目が寄せられています。

また、戦争法廃止2000万統一署名も、合計1万筆を超えました。
GW明けには県労連の「地域ローラー作戦」が配置されています。

署名のチカラは大きいのです。
県医労連看護闘争委員長名で「終盤のうったえ」を出していますheart04。お力添えくださいsign03
「160331.pdf」をダウンロード

海上自衛隊の街でも「戦争法廃止」

23日土曜、県医労連は呉の全労災中国中央病院支部を中心に6名でJR呉駅頭にて戦争法廃止署名。

6160423

小雨の中、マイクを使わず、白衣や横断幕を使ってのアピールでしたが、

「地震救援活動でがんばっている自衛隊の隊士たちを、他国の戦争に駆り出させない」

「子どもたちに人殺しを押しつける法制を許してはいけない」などの呼びかけに、 通行される市民や高校生・児童など次々と足をとめて署名に応じてくださる状況に。

およそ2時間弱の間に80筆もの署名を寄せていただきました。

海上自衛隊の街、 呉駅前、予想以上の好反応でした(^_-)-☆ 3160423

熊本県医労連から報告届きました。

1160421
広島からも医労連の仲間たちが、
公的な医療支援チームや民医連の医療支援チームなど、
さまざまな形で現地に入って活動を進めています。

社会人になったら労働組合に入ろう(^'^)

ども・・・dog

桜も散ってさみしく思っておたら、今度は白い白木蓮が満開happy01

広島県医労連も16の組織支部で新人組合員への加入説明会が取り組まれ、400名近い仲間が増えましたshine

数年間、新人加入が思わしくなかった組織では、青年を中心に準備を進めたくさんの仲間を増やしました。

また、各職場の先輩組合員さんが「是非、一緒に組合に入って頑張ろう」という呼びかけに全員加入などの病院もありました。

20160401

反対に、雰囲気が悪く加入に至らなかった組織もありますが、引き続き、新人歓迎会や共済説明会、給与明細の見方の学習会など組合のメリットを知ってもらい再度か新人さんに声をかけていきましょう。

flair組合員が増えるということは、そこではたらく人たちの要求が前進し、自分たちの職場や働く条件がよくなり、そこでイキイキと働き続けられることになります。

flair労働組合のある病院、ない病院では働きやすさが違います。またそこの組合員に入っている人数(組織率)で病院への影響力は違ってきます。

社会人になったら労働組合に入るのは当たり前!shine

ぜひ、労働組合に入ろうdog

『署名の力』 厚労省「病院の勤務環境調査」への国会質問

ども・・・dog

厚生労働省が昨年夏に実施した「病院の勤務環境に関するアンケート調査」が明らかになり、第一弾の追求として、4月4日、倉林明子参議院議員(共産)が、参議院行政監視委員会において質問しました。【日本医労連ニュースより抜粋】

Photo


倉林議員がこの調査結果についてなど見解を質したのに対し、塩崎厚労大臣は、「医療法改正に基づく、勤務環境改善の取り組み推進の資料として調査を実施し、有効回答で病院548、医師978、看護師1247の回答を得た。3交替が37%、2交替が60%、2交替のうち16時間以上の夜勤が6割にのぼる。1回の夜勤が長時間になっており、厳しい勤務環境となっている」と答弁しました。

倉林議員は、「今回の調査では、看護師の回答者の1/4が管理職で、10万人を超える医労連の調査と比べても非常に不十分」と指摘したうえで、「2交替が非常に多く、夜勤回数は平均で4.6回、3交替に換算すれば9.2回となる。看護師確保法・基本指針で定めた8日以内を超える」と対策を迫りました。

これに対して塩崎厚労大臣は、「都道府県の勤務環境改善支援センターで、好事例の紹介など取り組んでいる。また、診療報酬の改定で、勤務間隔11時間や連続夜勤回数2回以下、部署間の支援などを評価している。これを改善につなげていきたい」などと答弁。

倉林議員は、「過酷な勤務実態が離職を加速する悪循環をどう断ち切るか。労働環境を改善するしかない。診療報酬では、看護体制が脆弱化しかねない大きな見直しも行われている。支援センターは、助言や好事例の紹介にとどまっている。病院の収入が決まっている中では、主体的な取り組みも限界がある」と指摘し、調査を継続し、抜本的な改善を図るよう求めました。

塩崎大臣は、「現場の厳しい実態を再認識した調査。効果的な対策をはかるには、まず、実態把握が必要と調査をやった。2年連続で今年度も実施する。今度は支援センターが全県で設置される。センターの調査も行っていきたい」と答弁しました。

倉林議員は、「看護体制の弱体化はあってはならない」という昨年の大臣答弁は重要と強調し、引き続き取り組み強めるよう求めました。

●倉林議員の国会質問の動画は、参議院・国会中継のページで閲覧できます。(4月4日・行政監視委員会)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

私たちの集めた、署名の力です。

5月19日までに「夜勤改善・大幅増員」署名を積み上げ、政府・国会に迫ろう!dog

「夜勤制限・大幅増員署名」残り40日あまり(3/31時点全国集計)

160331
「夜勤制限・大幅増員」請願署名運動は、
3年間の総仕上げ=ラストスパートに入っています。

広島は前回集計から相対順位を少し繰り上げ6位に来ました。
これで過去2年の県医労連としての最終到達は突破しました。

すべての組織が「かつてできたことを、今やりきれば」
広島も全体で「10筆目標達成」が可能です。

先日調べてあらためて納得した「署名のチカラ」。
勝ちとった成果は、署名数(にも反映する総運動量に)比例するだろう、ということ。

みんなが同時に力を合わせられれば、何年もかからないのでしょうが…。

県医労連ニュース「白衣の宣伝行動in福山」

ども・・・dog

ニュースです。

161

「いのちまもる」白衣の宣伝行動in福山

ども・・・dog

桜満開cherryblossom 

気分もウキウキheart04

福山で「夜勤改善・大幅増員署名」&「戦争法廃止200万筆署名」=『いのちまもる』署名宣伝行動を3日に行いました。

20160403


心配されていた雨も降らず、7組織27名で、380筆の賛同をいただきましたshine

来週は、尾道で、再来週は呉で、連続で『いのちまもる』宣伝行動を行いますflair

新人さんいらっしゃ~い「昼から安佐ZOO」

ども・・・dog

新人さんいらっしゃい企画「昼から安佐ZOO」のご案内ですshine

Photo

参加費4,500の内、組合員さんは補助が組合から出るところもあります。

お申し込みや詳細は、労働組合へsoon

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »