フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の記事

女性部会議案内「均等室への懇談いきます」

ども・・・dog

2月16日広島県労働局の男女雇用機会均等室に懇談に行きますbuilding

「雇用均等室って、何してるんだろう・・」敷居の高い感じですが、女性へのハラスメントや働きかとの問題を取り扱ってくれているところですflair

たとえば・・

「妊婦検診に行きたいのですが、休ませてもらえません」
「妊娠し、産休と育休を希望したら、他の職員に迷惑がかかるので、退職して欲しいと言われました」
「育児短時間勤務を希望したら、認められないと言われました」
「パートですが、正職員と同じ仕事をしています。賞与の金額が正職員とは大幅に違っていて納得できません」
「パートで働いてきましたが、同じ病院で正職員になりたい」

個人でも相談に行けますが、今回は女性部として行ってきますdog

Photo

連続宣伝行動

ども・・・dog

とにかく寒いsnow この寒さは2月に行った釧路を想い出す・・snow

身体が凍りそうsnowだが、「戦争廃止」の魂は熱いannoy
今日は自治労連、市職労、の毎週の宣伝行動に参加だdelicious160126_3

10人で8筆の署名集約・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

160126
やっぱり寒かったsnow

青年部ニュース「青年部大会」「青年たちの署名行動」

ども・・・dog

県医労連の元気な青年部のニュースですhappy01

Photo_2


Photo_3

2月6-7日には毎年大好評のスノボツアー恐羅漢を予定しています。まだ余裕がありますのでぜひ参加申し込みをしてくださいヽ(´▽`)/

dog運命の出会いがあるかもよ~heart01

「新こなつ署名」2組織が目標突破!!

ども・・・dog

明日は第21回NHK全国男子駅伝大会 寒くなるらしいけど・・

全国の美味しいものが集まるイベントもあり、とても楽しみ♪

さて、「新こなつ署名」の折り返し!全日赤広島と全医労広島西支部が組合員数10筆目標を突破しましたsign03

全日赤広島はナント6年連続shinehappy01shine  すごいぞhappy02

嬉しくって久々にニュースを出しました(* ̄ー ̄*)

Photo

労働安全衛生活動「活動家養成講座」ご案内

ども・・・dog

いのちと健康をまもる広島県センターでは2月から労安活動家養成講座を開講します。

6日(土)、20日(日)、27日(土)いずれも10時から12時までロードビル会議室、1受講料は1,000円ですdollar

第2講座では広島市民病院職組の濱書記長が講師です。

広島市民病院の労安活動の経験から、どう職場改善につなげるか、具体的でわかりやすい話がされる予定ですflairPhoto

広島記念病院朝宣伝行動

ども・・・dog

今日の朝もよく冷え込んでいましたsnowが、毎月定例になっている国共病組広島記念病院支部の宣伝行動を桜井組長、植木氏とdog3人で行いました。

160120


毎回7時から8時25分までに110枚のチラシがきっちりなくなります。

160120_2


今朝は「寒い朝は布団から出づらい」(私感)こともあり、始業時間ギリギリの方がおおかったようです。

dog寒いと始業前勤務がなくなるんだ・・

夜勤制限・大幅増員署名折り返し!(全国集計1/18時点)

160118
「夜勤制限・大幅増員署名」は全国でおよそ14万筆に。
折り返し点を超えたところで、広島でもついに
全日赤広島と全医労広島西支部が「10筆目標」を一気に突破happy02good

両組合とも、組合員さんの中から署名で頑張ってくれる仲間を
ひきだしてくることで、大きな飛躍につなげています。

のこり16週間。広島では「約3,000筆/週coldsweats02」の追い上げがかかっています。
「戦争法廃止2000万統一署名」といっしょに、職場でも大きくよびかけてsign03

広島の女性も「戦争法廃止」で頑張ってます!

ども・・・dog

昨晩から雪です・・snow

20160119

今日は「戦争法強行」4ケ月の怒りの行動が各所で予定されていますsign03

昼には自治労連・共同センターが市役所前12:00、夕方はストップ戦争法実行委員会が本通り前17:30、女性センターが18:00鷹野橋フレスタ前flairの予定です。

snowだからどうなるんでしょpunch  

さて、広島の女性センターニュースですshine広島の女性たちも頑張っていますよdog

Photo_2


Photo_3





  

戰爭は嫌だ!いのちが大事「戦争法廃止」宣伝行動

ども・・・dog

16日、「2000万筆署名推進学習会~戦争法を私たちは止める~」が開催されました。医労連の仲間もこの集会に参加し、その後、元安橋ではたらく女性の広島県集会実行委員の皆さんと合同で署名に取り組みました。

0116_20116_4



0117

14名で署名は52筆。

今回の行動は、いつになく、「北朝鮮問題」や「尖閣諸島問題」、「アメリカが日本を護っているんだから!」など、多数ご意見がたくさん寄せられ対話は弾む行動となりました。happy02

次回も署名と対話を通じて「戦争法廃止」私たちは声を上げ続けていきますpunch

★中野晃一さんの講演の内容は⇒http://sensoiken.jimdo.com/

第59回はたらく女性の広島県集会2月14日

ども・・・dog

2月14日のバレンタインデーの日、はたらく女性の広島県集会を開催します。

テーマは「戦争法と女性の貧困について」~なに?!この不安感。今の社会っておかしくない?!~といった内容で集会をします。記念講演は広島で司法書士をされながら、貧困問題にも取り組んでおられる呂民愛(リョウミネ)さんですheart01 

先日お会いしましたが、とっても素敵な女性ですvirgoどんなお話が聞けるのかとっても楽しみですnotes

Photo

集会では、不用品バザーやストレッチ体操の企画もあります。

ぜひ、2月14日お昼から広島中央公民館に足をお運びください。

明日は『戦争法廃止』署名します

ども・・・dog

今日は、一気に3本あげちゃいますwink

明日は2000万筆署名推進学習会が開催されます。

Syomei

その後、はたらく女性の広島県集会実行委員会と看護をよくする会の皆さんと一緒に元安橋で「戦争法廃止」署名に取り組みます。

ぜひ、ご参加ください。もちろん!白衣ですconfident
Photo



 

新春! 署名宣伝行動「宮島SA」

ども・・・dog

1月11日~12日は中国ブロック春闘討論集会が山口湯田温泉で開催され、中国5県から113人が集まりました。

広島からは26人bus

記念講演は内山新吾日本弁護士会副委員長から『戦争法を発動させず、廃止する』という話を聞き、16春闘、「戦争法廃止」と一緒に賃上げと労働条件改善をrockと心熱く燃やしました。

学んで元気になったら即実践!sign03

ということで、帰りの宮島SAで、建交労の皆さんと合流し「健康チェック」と「夜勤改善増員署名行動」を行いました。

0112s_2


血圧測定をしながら「夜勤とか大変で、疲れ果ててみんなやめて行ってしまってるんですよ~」とトラックドライバーに語ると「わし等と同じじゃ」といって快く署名をしてくださいました。

ドライバーの皆さんも長時間の緊張しながらの運転で、比較的血圧が高めの方が多いかったようです・・coldsweats01

160112sa

ちょっといい話 ③

ども・・・dog

ご無沙汰ちゃんです。

気が付けば2016年になっていました・・署名のお願いオルグや戦争法反対の行動や、バタついていますdog

そんな、貴方に心温まる「ちょっといい話③」をお届けします。

***************************

近所の人の話      安佐南区 濱 喜代子

 先日、公務員をリタイヤし、町内会の役員として活躍する近所の男性から声をかけられた。

その男性は「勤勉・実直」を絵に描いたような人で、カラオケ大会では「月の沙漠」を歌う、堅物という印象だった。

「昨年の夏、市民病院に前立腺の手術でお世話になったんよ。先生も看護師さんも優しいいい人ばっかりだったよ。その中に忘れられん一言をかけてくれた看護師さんがいて、あれ以来、心が温かく、幸せな毎日を過ごしとるんよ。」

 手術前、浴衣に着替えた折、ある看護師が、「浴衣姿もかわいいですね。」と優しく声をかけてくれたそうだ。現役時代は堅物で、かわいいという言葉とは到底無縁だったに違いない。そこへ思いがけない言葉をかけられ、人生の彩りが明るく変化したという。

「病棟と、その看護師さんにあてて手紙を書いたんじゃけど、渡せないままになっとるんよ。濱さん渡してもらえんかなあ?」

「必ずお届けしますよ。」意外なお願いに、つい言葉が出た。

きっと、宛先をどうしていいか迷ったに違いないその手紙は、なにも書かれていない茶封筒に入っていた。

看護師として日頃、患者さんと関わる中で自分がかけた一言がこのような効果を生みだしていることなど、想像もせず働いてきた。看護は入院中だけで終わるものでなく、その後の人生にも効果を生みだす無限の力があることを知った。近所の男性のエピソードは患者さんとの関わりについて足を止めて考えさせられた内容だった。

 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »