フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の記事

ダンプも参加して100人の「土のうリレー」30日

今日30日は、医労連の仲間を含む県労連関係220人、
民医連・医療生協の仲間がのべ110人でいっせいに安佐南区八木へ★

「土のう、位置についてヨーイ!」という本職?の掛け声とともに
100人の「土のうリレー」coldsweats02が決行されたようです。
140830

そのニュースはコチラ⇒「6.pdf」をダウンロード

明日もやるのかな…

たくさんの「人の手」ですすめられた、たしかな一歩❤

0820968o140827 27日にはこんな状態だったAさんのお家の中【画像1】。

ピアノも、子どもたちのおもちゃも、たくさんの大切なものが
泥に浸かってて、

ほんとうにお父さんが言う「どこから手をつけたらええか、わからん」。
スコップを握る、その言葉が心に痛かったです。

0820998o140829 二日後の今日、明日の作業打ち合わせのためにおうかがいしてみると
中の砂泥はすべていなくなっていました❤【画像2】

訪問したMさんはとってもびっくりして、とっても嬉しくって
準備に県労連に戻ってからも、大きな笑顔が眼に浮かぶような
笑い声で、電話と写メをおくってくれました。

0820988o140827 それは、この二日間も連日100名規模でお手伝いに駆けつけてくださっていた、

全国からのたくさんの「人の手」とAさんとがつながった、「たしかな一歩」なのだと思います。

ここまですすめてくださった民医連・医療生協の仲間のみなさんにありがとう。
いまあちこちで同じように、共に汗を流し、手を携えてくださっているボランティアのみなさんに、心からありがとう。

明日から、県労連・医労連の仲間も再び100人体制で、この地域を引き継ぎます。

被災された方への広島市生活支援策一覧(8/27時点)

広島市が公開している電話照会先の一覧になります。

いずれも多くはまず「り災証明書」の発行が大切な手続きになります。

避難所には配布されているそうですし、弁護士会さんも相談に入っておられるそうですが、
ボラ出先で確認するときなどのために。
⇒.pdfはコチラからでも⇒「140827.pdf」をダウンロード

1140827 2140827 3140827 4140827 5140827 6140827

たくさんの「人の手」でしかすすめられない救援活動

082038140823 23-24両日の行動には、のべ320名の仲間が駆けつけて。

例えば2日間のべ50名の手をつかって、こんな風に1軒の依頼を完了できました。【画像1,2】

それでもこのお家の直上には、こんな風にのしかかる岩や巨木がまだ 残っていたり【画像3】

082069140824重機や車両がないと到底「解決」にはならないかもしれません。

それでも重機やクルマがたどり着けるようになるまでにまだ遠くて

今たくさんの、「人の手」でしかすすめられない救援活動があります。

082056349140824
今週末の8/30(土)、/31(日)。

県労連は再びボランティア行動を計画しています。予告❤

23,24両日実施「県労連 災害支援ボランティア活動」について

明日23,24の両日を予定する「県労連 広島市豪雨土砂災害支援ボランティア活動」について、

昨日夕方という緊急の呼びかけにもかかわらず、

およそのべ90名の方からエントリいただいています。

急きょ職場をまわって参加をよびかけてくださった広島中央保健生協労組と広島医療生協労組からのそれぞれ17名sign01を筆頭に、広島県医労連からの参加も、のべ40名の登録となりました。

08209140820 今回の支援活動先には、同じ県医労連の仲間の被災宅も複数予定しています。

また、「泥かき」「家財搬出」など力仕事だけでなく、「避難所への炊き出し」など、他の市民団体の皆さんと連携して、多様なサポートを開始していきます。


今回、緊急のよびかけにお応えいただいたみなさんにあらためてお礼申し上げます。

また、県医労連は県労連のもと、今後も支援活動を継続する予定ですので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

※左の画像は広島医療生協労組撮影・広島市安佐南区

※下の画像は8/22付地元紙「中国新聞」紙面を撮影したもの

082014140822

8月20日広島市豪雨土砂災害について(県医労連)

0820140821

各地からお見舞いを寄せていただき感謝申し上げます。

現地災害拠点病院となっている施設では、平素とは一変した外来の状況に
誰もが大きな衝撃を受けざるを得ませんが、
仲間たちはがんばって医療活動に立ち向かっています。

本日(8/20)付地元紙「中国新聞」紙面を撮影した画像を紹介します。
08202140820 08203140820

 

国民平和大行進、広島に集結!

14140803 8月2日から3日にかけて、全国から引き継がれてきた国民平和大行進の
全コースが広島に集結してきましたheart01

迎える広島県医労連の各組合の仲間もフル回転run

14140802_2 14140803_2あちこちから「歩いたよshine」画像も届いています。

そして今日は原水爆禁止世界大会の開会式up

朝から歩いてきた仲間を含め5組合14名の仲間が会場前で、
「夜勤制限・大幅増員」署名への協力を呼びかけflair

県外から飛び入り参加?の全医労青年組合員さんもいらっしゃって
大いに頑張れましたよwink

1140804
短時間で335筆もの激励と署名を寄せてくださいました。

3140804 原水爆禁止、平和を守る願いと運動は医療労働運動の大切な柱scissors
あしたもみんなでがんばりましょうsign03

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »