フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

夜勤制限・大幅増員署名、提出まであと28日!(4/30全国集計)

署名提出まで、もう30日もないsign02
130430
広島では、●都の背中がようやく見えてきましたcoldsweats01
全国では34.8万筆sign01 ロングラン宣伝など、あとできること、全力挙げましょうup

国立病院にはたらく仲間のニュースが届きました。
新歓の取り組みでは、広島県医労連全体で236名の新入組合員を迎えていますshine
130430_2
明日はメーデー、12日(日)はナースウェーブ行動(リアルこなつ 来援)です。

全国菓子博in広島の前でも、「夜勤制限・増員署名」笑顔あつめ❤

2130429
G.W.入りの広島。全国菓子博がなぜか(?)大盛り上がり、ということで、

里帰りしているT中執を先頭?に、入場口前で署名行動へ!

夜勤明けでかけつけた看護師組合員さん、子どもたちと一緒に参加のお母さん看護師など
4組織8名で、
約1時間、人の流れにもまれながらのアプローチhappy01

結果、381筆と、たっくさんの笑顔の激励を、寄せていただきま

した!(^^)!
子どもたちも、チラシ折りや段幕など、「地味だけどたいせつな仕事だから」と手伝ってくれました
heart04
みなさん、ありがとうございます
sign03

あと29日

24日、「緊急署名行動」 !(^^)!

『夜勤制限・大幅増員』署名提出まで、あとわずか34日

3130424_2 事態を重くみた(?)広島県医労連は、

広島市市民病院労組をはじめ5組合13名が、
4/24夕方、
「緊急街頭署名行動」を、広島市中心部・本通交差点で決行しましたshine

いつもの昼間とちがう、退勤時間で慌ただしい流れの中でも、
あちこちで笑顔の署名が広がります
heart02

5130424_2 東京から観光でこられた看護師さんから、「ありがとうございます!」と署名が
sign01

署名してくれた後に、「(配ってるチラシを)もっとください」と、これは県内の看護師さん
sign03
職場で配るんだってwink

1130424_2 信号待ちの人にも笑顔と迫力で声かけ、たくさん対話広げたよ♪

40分の行動で、みなさんから278筆を預かりました
heart04

ラストスパートに、今日もS委員長の動きは”スキ無し”でした((((゜o゜)

「夜勤制限・大幅増員」32万筆超(4/15全国集計)、広島これでいいのか?

130415
あと43日で、国会最終提出です。

「全組合員の参加」を組織できれば、必ず突破口を拡大できる「夜勤規制・大幅増員」。

どの職場でも、どの地域でも、安心して働き続けられる就業環境、安心の療養環境にsign03

その先頭に、いま労働組合がたたなくちゃsign03

すでに託された32万の署名の重みを、みんなもう一度再確認して全力あげよう!wink

  • 【緊急街頭署名】 4/24 (水) 17:30-18:20 本通り交差点周辺(広島市内組織)
  • 広島市外組織も、全組織が独自行動や職場ローラーで追い上げを!

25回目の県社保協・街頭宣伝やってました!

2130415

4/15、25回目の県社保協年金天引きの日宣伝行動でした。

昼の本通商店街を急ぐ市民に向け、「消費税増税をやめ、社会保障の拡充をsign03」と呼びかけを広げていただきました。

5130415 この日は10団体から23名のみなさんが参加。

30分間と短時間ではありましたが、27筆の署名集約と、400枚以上のチラシ配布を行うことができました。

県労連川后議長はじめ、民医連や生活と健康守る会の方々からのうったえも、よく響きました。

県保険医協会から提供いただいた「推進法リーフ」も受け取りがよかったですね。医労連の参加は…2名でしたがweep

4130415 広島民商のAさんは、一見ハードな印象coldsweats01のレザースーツの青年の傍らに、座り込んでじっくり対話。署名に協力して下さったお礼を述べたところ、「こちらこそありがとう!がんばってください!!」と明るい激励を受けておられました。

職場から地域に出て、世論を広げる取り組みが本当に大切up
ひきつづき、よろしくお願いいたします。happy01

5月12日看護の日=広島県医労連ナースウェーブ行動!

130401
記念講演については、一般の方にも公開する予定です。

「よい看護」をになうべき看護師が足りない、過重労働で燃え尽き離職がとまらない、
そんななかで、安上りに「医師の肩代わり」をさせようという魂胆の透ける「特定研修制度」動きが急ピッチ。 制度検討の最新動向をおさえながら、「よい看護」を共に考え、行動につなげていくことをめざしますheart04

照会先:広島県医労連 hiroshima_irouren@nifty.com

※このチラシは広島市市民病院労組の仲間がつくってくれました(^_^)/


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »