フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

12日ナースウェーブ(続報)

12日に実施した『春のナースウェーブ』行動。広島テレビでは動画で配信されましたが、中国新聞などでも紹介いただきました。

行動開始にあたって、スタート集会の会場には、皆川けいしさん(日本共産党広島県委員会副委員長)と、今春福山市議会議員となられた河村ひろ子さんが、激励にかけつけてくださいました。

8120512 河村ひろ子議員は、県医労連加盟の労働組合で書記長としても最近まで活躍しておられた、介護・福祉のエキスパート(ケアマネージャー)です
lovely。看護現場以上に劣悪な労働条件と、政府からの利用者いじめ・事業者いじめ・にあえぐ介護職場の状況についてふれながら、いますすめられようとする大増税と社会保障切り捨ての「一体改革」をゆるさない、国民的共同闘争を、呼びかけられました。
10120512
皆川さん、河村さん共に、ご自身の予定を変更され、福厚労の仲間からの講演を最後まで聴講されました。その日の河村ひろ子議員のブログ『ひろ子ワールド』(ページにリンクしています)には、早速その経験がつづられています(福厚労の仲間の報告も要約紹介)。

11120512
今年新しく現場に入った看護師たちの多くが生まれたのは、全国に「ナースウェーブ」が広がり、運動と世論の高揚におされた政府が「看護の日」を定めた翌年、そして看護師確保法が成立する前年です。
39120512
ほんの40年ほど前まで「(既婚者を含め)全寮制」、「妊娠輪番制限」、「月の半分を1人夜勤」の時代があったことを、彼女たちの多くは知りません。
37120512
先輩たちが国民的世論を支えにたたかいとったいまの労働条件も、医療・介護の現状も、このまま安住するにはあまりに貧しく穴だらけに。
「私たちががんばろう!」と、決意を新たにした12日の行動でした。

5/1メーデーの振り返り

前後しますが、去る5月1日に広島市内で開催された『第83回広島中央メーデー』には全体で700人が参加。広島市内の県医労連加盟組織もプラカードやデコレーションをもって参加しました。
3120501
メインステージでは県医労連青年部の仲間たちが、青年アクトの紹介もあわせて、「働く仲間の団結を!」と呼びかけました。マスコットキャラの「きよもりくん」も、デビューです(コンクール受賞)。

2120501
広島中央保健生協労組や広島医療生協労組が各職場で作成したプラカードには、いろんな要求が、工夫をこらしてちりばめられていました。(コンクール受賞)
5120501




衆議院議員和田隆志さんからも激励届きました

昨12日実施のナースウェーブ行動には、当日書記局を出る直前にも、
和田隆志衆議院議員からのメッセージを頂戴しました。

和田隆志議員は、「職場の環境の改善は必須であり、そのことは引いては適切な医療を受ける患者の為でもあることは間違いのない事実」と、激励の言葉を寄せてくださいました。
120512_2
今回の行動に頂戴した国会議員のみなさまよりの激励は計7件と、過去最多
heart04となりました。

一方、5月12日の時点では、与党・民主党の柳田稔参議院議員からは看護・介護職員の大幅増員等請願内容に「賛同しない」旨のお返事を頂戴し、自民党の中川秀直衆議院議員からも、請願内容に「賛同しない」旨のお返事を頂戴しています。その他の広島から選出された自民党の国会議員、公明党の国会議員の皆様からは、まだお返事を頂戴できていません。

どなたにもよい医療を保障できる条件の拡充に向け、わたしたちは引き続き、はたらきかけを積み重ねていきます。

ナースウェーブ、みんなでがんばりました!

「看護の日」を迎えた本日の広島県医労連『春のナースウェーブ行動』shine
90名の参加で講演→署名宣伝→パレード、と元気いっぱいに
happy01取り組めました。
5120512
福島の仲間3名の報告(講演)では多くの方が涙しながら深く共感し、学び、事前に配布した記念タオルが大活躍しました。
1120512
署名宣伝では、たくさんの市民の方々から笑顔の激励を頂戴し、大きく励ましていただきました。1時間足らずのうちに887筆もの、国に向けた請願署名が託されました
2120512
「白衣のパレード」は、その雄姿?を、広島テレビを通じて夕方のお茶の間に、届けていただくことができました。「去年の東日本大震災発生直後から被災地の病院では人手不足による激務が続いており、日ごろからの体制の充実を求める署名活動も行われた」と報じられた福厚労の仲間のインタビューには、多くの方が心を動かされたことと思います。
3120512
みなさん、ありがとうございました
heart02。引き続き元気にがんばりつづけますscissors
4120512


衆議院議員亀井静香さんと菅川洋さん、三谷光男さんからも激励!

本番まで24時間を切りました。広島県医労連『春のナースウェーブ行動』
さらに衆議院議員お三方からの激励を頂戴いたしました。

亀井静香議員は、一貫して増員・夜勤制限求める請願の紹介議員
shineとしてご尽力いただいています。
120512
菅川 洋議員は、事務所が書記局のすぐ近く。「労働環境の改善のために」
rockと激励を送ってくださいました。
120512_2
三谷光男議員は、今回初めてメッセージを頂戴いたしました。ずっと気に留めてくださっていたんですね
heart04
120512_3
そして、肝心の参加は…もうすぐ90名に
happy02なります。準備も呼びかけも、フル回転中dashdash

市民のみなさんには、明日午後3時30分から4時過ぎ、広島市中心部・本通り商店街からパルコ前にかけて、おうかがいします(^_^)/
「よい医療と看護、介護の実現を!」  いっしょに歩きませんか?

衆議院議員空本誠喜さんと橋本博明さんからも激励到着

週末に迫った広島県医労連『春のナースウェーブ』
広島選出の全国会議員の方々に、請願への賛同とあわせて現場看護師・介護職員らへの激励をくださるように、お願いをしてきました。

何の返事もない議員さんの氏名は、また後日公表することにしますが、
今日は、新たに衆議院議員お二方より、激励のメッセージを頂戴しました。

橋本博明 議員。昨年は一緒に街頭でも「医師看護師、介護職員の増員を!」と訴えてくださいました
shine。請願署名への賛同も引き続きしてくださっていますheart04
120512
空本誠喜 議員。ずっと請願署名への賛同とあわせ、激励のメッセージを頂戴しています
heart04
120512_2
肝心の当日の参加組織も、今夕80名をうかがうところに来ました
happy02。「もうひと踏ん張り、元気をひき出そう!」と会議で話し合ったところです。イキオイは上昇中upup

衆議院議員松本大輔さんから激励

12日「看護の日」に取り組む広島の『ナースウェーブ』
衆議院議員・松本大輔さんから激励が寄せられました。
120512

かんじんの参加組織の方は、いつもながら危機感と”背中合わせ”
shock
242120508
あと四日間は必死
sweat01
そして当日には、元気に明るく、そして当然真剣に、がんばるだけですねhappy01heart04

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »