フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« これが国立成育医療センター | トップページ | 尾道に桜呼ぶ白衣のパレード(^_^) »

医療と生活、共に守る職場に!(&署名全国集計)

労働基準法

  • 第1条(労働条件の原則)「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」
  • 同条の2「この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。」
  • 第2条(労働条件の決定)「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。」

5120314
このために、この春も労働組合の団体交渉がつづいている。
2120314
「経営責任」の中には、こうした社会的責任が当然含まれる。
「法律順守」と言いながら、最低限のルールを都合のよいところだけ”つまみ食い”したり、
積み上げてきた職場の労働条件を後退させようとしたりするような経営を、この国では「まともな経営」とはみなさない。労働基準法はそう宣言している。

医労連の「医療と生活を共に守る」という組織原則は、本当に重みがある。対する経営はどうだろうか。

***********
職場と地域であつめてきた署名も、5月25日には最終提出。「集める」努力こそ、現状を変えていく確かな礎(いしずえ)になる。もうひとふんばりだ。

120314

« これが国立成育医療センター | トップページ | 尾道に桜呼ぶ白衣のパレード(^_^) »

よい医療と介護」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/54387186

この記事へのトラックバック一覧です: 医療と生活、共に守る職場に!(&署名全国集計):

« これが国立成育医療センター | トップページ | 尾道に桜呼ぶ白衣のパレード(^_^) »