フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 田中千恵子前日本医労連委員長の労をねぎらう集い(改) | トップページ | はたらく女性のしゃべり場&学べば、もうすぐ❤ »

安心の介護保障実現へ市民公開講座

Photo 「在宅」へ。これが、この春の診療報酬・介護報酬同時改定の最大の特徴です。
これだけだと耳触りが良いけれど、実際にやることはエグイ。
高機能の病院から在宅までをピラミッドのような階層と捉え、
その傾斜をキツク締め上げる「政策的ダイエット(強制)」。
副作用「追い出し」「締め出し」
shockが人々を襲い、やがてスサマジイことになるのです。
画像は政府提供。右肩上がり点線が入っているのは、時間経過による変化です。…ね?

いまの介護保険のままじゃあ、ほんとうの介護保障はできない

28日には広島市内で、介護保障を求めるひろしまの会と県社保協の共催で、「介護と診療報酬同時改定でどうなるか?」講演会をひらきました。
1120128
介護の現場に働くケアマネさんやヘルパーさん、病院で働く看護師さん、そして利用者やご家族の方々、計72名の参加で会場はいっぱいに
heart04。県医労連加盟組合からも、たくさんの参加でした。

制度改定と今回の報酬改定の問題、この動きを包括する「社会保障と税の一体改革」について、全日本民医連から林泰則さん(事務局次長)に駆け付けていただき、じっくり解説のうえ、あつく共同行動へのよびかけをいただきました。
3120128_2
特に印象に残ったスライドがコチラ↑。ギリシア神話『プロクルステスの寝床』
wobbly…。
”型にハメる”たとえから、医療・介護に不可欠な人の個別性(QOL)を否定して暴走する、いまの「介護保険制度」や「一体改革」を象徴する逸話として紹介されました。

足をちょん切られたり、むりやり引き延ばされたり…痛い
impactですね。
そんなのは、「社会保障制度」と呼べないシロモノです。

いますぐ声を、あげましょう!

« 田中千恵子前日本医労連委員長の労をねぎらう集い(改) | トップページ | はたらく女性のしゃべり場&学べば、もうすぐ❤ »

よい医療と介護」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/53864912

この記事へのトラックバック一覧です: 安心の介護保障実現へ市民公開講座:

« 田中千恵子前日本医労連委員長の労をねぎらう集い(改) | トップページ | はたらく女性のしゃべり場&学べば、もうすぐ❤ »