フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

青年部会議中

青年部会議中
11月23日の大会を前に、緊張感?ではりつめた今夜の県医労連青年部会議(・・;)

来年のブロックアクトに備え、
さらには再来年の全国アクト開催地獲得を目指す、遠大な?行動計画の相談なのダ!(゜ロ゜)(゜ロ゜;

いのちまもる集会開始!(^-^)/

111020 10月20日、東京日比谷で。

いのちまもる集会開始!(^-^)/
いのちまもる集会開始!(^-^)/
医労連中国ブロックの仲間の『おそろ』は、
元気なヒマワリ(^o^)v

広島県医労連からは30名!

なかでも、頼りになる県医労連青年部からは…
もっと大きな『人面ヒマワリ(((・・;)』sun
→あちこちからカメラマンが、パチパチリ(⌒0⌒)/~~

看護介護講座in盛岡

急に動きを速めた日本の未来ゆるがす大問題「TPP」
実際には国民にとってなんのいい効果もない「国際競争力」が
またしても口実にされている。正体はアメリカ主導の国際経済支配策。
日本の経済はさらに荒廃するだろうし、特に「よい医療」には悪影響しかない
111029
そんな情勢に見合った講演もある。お申し込みは20日までに。
チラシ・申込書はコチラ ⇒チラシ 「kangokouzaiwate111029a.pdf」をダウンロード
申込書「kangokouzaiwate111029b.pdf」をダウンロード

青年アクトの想い出(その3)

loveletterお疲れさまです!!送信していたつもりだった…NO3です(*^_^*)よろしくお願いしますm(_ _)m
21108
…ということで届いた、広島市市民病院労組発行のアクトニュース。
4日前の「その2」に続けて、なんともイキイキと楽しそうっ
happy01
ただ…2枚目の画像(風船)、「赤血球にみえませんか?」

ともかくあかるい元気を、ありがとうございます!!
happy01

プリントするなら是非カラーで⇒  「nopub.pdf」をダウンロード
そして2年後には中国地方に、アクトが来るらしい(今度の日曜に相談会)。

秋闘態勢に入っています(^_^)/

各労働組合の定期大会も終了し、順次秋闘up態勢に入っています。
A労働組合からも、職場に向けたニュースが届きました。
111010
先日は「パート部会、さいきん、こういうことが増えています」というお便りも。↓

111005 「自分たちでニュースを作られていて、それにチョコ
heart01をホッチキス止めして、”勧誘のためにも全パートさんに配ることにしたのだ”flairと。
準備の段取りは自分たちでされていて、宛名書きから配布の分担まで休憩時間に数名で作業して、また仕事に戻られました。
(中略)
まだ、全国集会に行かれたことのない方がほとんどなので、伊東にはぜひ複数での参加をと働きかけていますが、、子育て中だったり、土曜も仕事だったりで、なかなか難しいようです
coldsweats01。」

職員の44%を占めるパートさんに向けて情報発信。部会の勢い
dashを感じますね(^_^)
執行部の秋闘方針や行動配置のもとにしっかり
団結shineし、職場のみんなが元気になるように、この秋闘でも工夫を重ねてくださいne(v^ー゜)

広島もついに街頭署名スタート!

いつでも、どこでも、誰にでも。よい医療と介護の実現を!
秋の「いのち守る地域キャラバン行動」街頭署名が、広島でも始まりました!
14111010
7111010



今日10日、「第1回白衣&エプロンat本通」には、7組合16名が参加。
1時間の行動でshine536筆shine
市民の方々から署名を預かりました
happy01
1111010
前回のいっせい署名行動からおよそ5か月ぶりとなったこの日。
81110104111010




「ドンドン集めないとねぇ(^_^)」気合にあふれ、笑顔で語る参加者たち。
若い方からお年寄りまで、次々に足をとめていただき、
対話もそこかしこで弾んでいました。
通院されておられる患者さんと出会ったり、
参加者のお母様から”差し入れ”
birthdayを頂戴したり。
13111010
3111010




この日55筆をひとりで集めたU県医労連副委員長は、
「とにかく必死で集める
punchと、抱負を語っています。
16111010
次回のいっせい行動は11月5日午後2時から、
大量獲得?が見込めるアルパークでの行動になります
heart04

青年アクトの想い出(その2)

とにかく楽しかったらしい!夏の青年アクトnotes
紙面を眺めるだけで、再び和歌山・白浜の夏に駆け戻りたくなりそうな…
アクトに参加した広島市民病院の仲間が編集したこのニュースを
ぜひみなさんにも。
(o^-^o)
1108
続いて到着したメッセージ↓

「NO3もできました(^o^)深夜明けで眠たいので今日はここまで…(^_^;)」
あかるい元気を、ありがとうございます!!
happy01

プリントするなら是非カラーで⇒「no.pdf」をダウンロード
2年後には中国地方に、アクトが来るらしい。


密かに進行「共通番号制度」とは

さりげなく密かに、あるいは「もっともらしいリクツ」の仮面をつけて、
とんでもない制度が誕生させられようとしている。

「共通番号制度」。「社会保障と税の一体改革」論議に隠れている。
この秋に法案を出して、来年には必要な法整備を終えようという。
「知ってました?」
1109

売り口上は、「まとめてオトク」。
でも、本当に「お得」なのが誰になるのかを、よく考えて判断しよう。
21109
「諸外国でも…」と言う向きもあるが
「基本的人権の保障=人間らしく生きる権利を、誰にも等しく保障すること」が
どんどんないがしろにされていく特殊な日本の政治状況で、
この「制度」は歓迎できない。

日弁連が発行しているパンフ(画像も借用。同WEBサイトにリンク)は、実にわかりやすい。

介護職員の処遇改善へ尾道市でも意見書

人々がゆたかに老い、くらせる社会を支えるために必要な介護の現場。
「介護は社会で支える」と宣言したはずの「保険」施行から10年超えても、
低賃金と重労働が、志ある若者たち、現場を支える介護従事者を押しつぶしている
annoy
Photo
上図は「介護職員処遇改善交付金」スタート前の日本医労連の実態調査から。

介護を支える職員に「月1.5万円」ということで実施されてきた「交付金」は、
介護に働く職員全部をカバーしてない(給付対象が狭い)という問題や、
時限措置であるという問題点などありつつも、
おおよそ「月0.9万円」(2010年のCBニュース報道)程度の賃金改善効果が報じられてきた。

時限措置の期限が来る。「来年度からどうするのか?」
clockが問題になっている

110921
この秋広島県では、尾道市shineが先陣をきって、
交付金として継続し、改善も合わせて求める意見書をあげられたそうだ(9/21)。
「110921.pdf」をダウンロード

わたしたち労組の動きが遅れをとったことは残念だが、当然の動きを大歓迎したい
bleah
せっかくの動きを広げるため、他の自治体でどうなっているかもつかんだうえで、
11月初めに予定する「自治体キャラバン」
dashで、全自治体での意見書採択をめざしたい。

いのち守る地域キャラバン進行中(実践編)

「いつでも、どこでも、誰にでも。よい医療と介護をhappy01が、当会の団結のカナメ。

そのために大切な柱のひとつ=医療・介護現場の就労環境を、”せめて国際水準に、そしてただちに”、引き上げなければいけない。

この夏、厚生行政と労働行政が共同して出した初の通知。
『看護師等の「雇用の質」の向上のための取組』(=労働環境の改善)を、県知事や関係団体に力合わせ実践するよう、特に求めている。 → 「1106.pdf」をダウンロード

110912_3 9月10日、広島県医労連の看護師はじめ6名が、この通知を受けた広島労働局を訪問。

応対した岩崎監督課長に、「経営側や管理職だけでなく、当事者である現場看護職員の声や要望を、直接、キチンと聞き届ける機会を設けて、取り組みに反映を」と求めた。

労働法規の遵守はもとより労働時間の改善などで、実践が求められている「企画委員会」の立ち上げが、広島でも10月中にはめざされているという。「意見を聴く機会は設ける必要があるのではないかと考えているところ」と、準備状況をうかがった。

2110912_4

↑記念写真も、こんなにイイ感じheart01

そして10月4日。「広島県にも、もっと積極的に動いてもらおうsign01」と県議会へ。「生活福祉保健委員会」の委員さん全員に、お願いを届けて歩いた。

「明日に本会議を控え、ご多忙なところをすみませんsweat01

1111004

↑直前アポに快く応じてくださったのは、同委員会副委員長をつとめらておられる福知基弘議員(民主県政会・広島市西区。議員運営のブログにリンク)。きっちりとお話を聴き取ってくださったうえ、やはりイイ感じで記念写真heart04。福知議員の手には、「お願い」の書面が⇒「111004kengikai.pdf」をダウンロード

2111004

↑この日直接お話しすることができたもうお一方は、辻恒雄議員(日本共産党・福山市。議員運営のHPにリンク)。「広島県の第七次需給見通しでは、今年度中に県内の就業看護職員が5千人近く増えることになっているが、これは過去5年間実績のおよそ2倍に相当。現場の実感とかけ離れているうえ、他県ではみられない”飛躍”ですが、本当でしょうか?」という当会の素朴なギモンに、身を乗り出して耳をかたむけてくださった。(おや?机上には、どこか見覚えのある方の顔が…eye)

ところで!今回確認できたことがある。この「通知」が出されていること、やはり議員さんには知らされてない。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

次のアクションは、伝統の『白衣&エプロン街頭宣伝署名行動』pencil

  • 10月10日(月・祝) 午前11時~12時
  • 広島市中心部・「本通」交差点周辺

そこで、お会いしましょう!!o(*^▽^*)o

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »