フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« もうひとつ、残されたのは… | トップページ | 広厚労の定期大会 »

日本の政府と大企業・経済団体に、せめて国際基準の品格がほしい

「社会保障と税の一体改革」では、特に大企業の「免責」が問題だ。
国民には「増税か、社会保障抑制か」と厳しく迫るのに、
大企業には(この20年間結果を出せないままの)「国際競争力強化=減税」と大甘。
同じ日本に居るのに、いちばん負担能力のある大企業には何も求めない。
そんな
政治に甘える日本の大企業の品格は、厳しく問わなければならない。
110901

県社保協が2か月に一度続けている「年金天引きの日」宣伝行動は、
そんな社会保障全体の拡充を求める行動として、もっと参加を広げたい。
次回は…チラシ⇒「111014.pdf」をダウンロード

  • 10月14日(金) 12時15分~45分
  • 広島市・「本通」交差点周辺

« もうひとつ、残されたのは… | トップページ | 広厚労の定期大会 »

よい医療と介護」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/52738249

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政府と大企業・経済団体に、せめて国際基準の品格がほしい:

« もうひとつ、残されたのは… | トップページ | 広厚労の定期大会 »