フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ボーナスと医療経営の「責任」 | トップページ | 介護保険法、ひっそりと?改悪 »

過去最高~医療にはたらく女性の集いin玉造

ども・・・dog

6月10-11日“縁結びの地”島根県の玉造温泉で「第17回医療にはたらく女性の集い」を開催しました。

集会テーマは開催地にふさわしい“出会いはPLEASURE”(喜び・楽しみ)。年々参加者が増え続けるこの女性集会。今年も開催地の魅力と“楽しい集会”との口コミが広がり、過去最高を更新し172人の参加となりました。
 
flair東日本大震災の一日も早い復旧、復興を願って
開催に先立って、3か月前の3月11日、東日本大震災によって失われた沢山の方々の尊い命に黙とうをささげ、中国ブロック女性協が提案した“被災地に生理用品を送ろう”の呼びかけに、300以上の生理用品と一緒に熱い激励メッセージが集まった事、送り先の宮城県と岩手県からお礼のあった事が報告され、引き続いて西日本から支援と激励を送り続けようと呼びかけられました。

Img_2259 flair基調報告と、各県・全国組織からの報告
基調報告は、日本医労連女性協の山田真巳子女性議長から、野球選手の100%を組織するプロ野球選手会との懇談の内容と、東日本大震災の被災地での医療労働者の奮闘の状況などの報告を受け、その後、女性協の運動方針として「医療従事者の大幅増員と夜勤改善署名で、共同の輪を広げよう」「8割が女性の医労連、女性が動けば要求は前進し、職場や世の中は変わる」と元気の出る提案を受けました。その後、各県医労連、全医労中国ブロックからメークレッスンや上が関原発Cimg0457の学習会など、女性部らしく学びながら、楽しく運動をしている活動報告、そして全日赤松江からは88か月連続組合拡大の元気の出る報告を受けました。

flairリラックスタイムはどじょうすくい
Cimg0489島根県といえば「どじょうすくい」。地元の準名人たちの安来節や銭太鼓などが披露され、その後書記長さんたちも「どじょうすくい」踊りで会場を沸かせました。

flair石見銀山から元気を支えたい”記念講演は中村ブレイス社長
  記念講演は「義肢装具」を製造販売している中村ブレイス中村俊郎社長。Cimg0506 「石見銀山から元気を支えたいブレイスの試み」と題して話を聞きました。山間地域のかつては銀山で栄えた小さな町、石見に生まれ、石見に義肢装具の会社を設立し、地域にこだわり日本をはじめ世界で活躍されている方です。その経営者としての精神や、その人柄はTVや新聞やマスコミにもたくさん取り上げられ、本にもなっています。講演内容は、自分の生い立ち、石見について、家族について。アメリカでの留学生活や会社を経営するにあたって、これまでたくさんの人の支えがあり出会いがあった。人との出会いを大切にし、出会いに感謝している。そして、患者さんや困っている人の役に立ちたい、支えたいという熱い思いで技師装具を作ってきた。その結果として会社を発展させ注目をされる事になり、国内外から感謝の手紙が届くようになった。今後とも、石見の地から元気と優しさを持って人を支え、貢献していきたい。と終始笑顔で穏やかな口調で話をされました。
参加者からは、日々頑張る精神と「誰かの役に立ちたい、助けたい」気持ちは看護の現場でも同じ、前向きな気持ちになりました。と感想が寄せられました。
労働組合の集会に会社経営者が記念講演。驚きでしょうが、柔軟で緩やかな女性協だからこそできる企画です。社長さん自身も冒頭「こんなところに私なんか・・」と緊張し戸惑っておられた様子でしたが「会場を見渡すと美しい女性たちばかりで・・・。皆さんとの出会いがうれしいです」と肩の力を抜かれたようで、よかったです。

flair盛り上がった夜の交流会
 毎年一番の盛りあがりを見せる夜の交流会。お料理以上に各県競演の出し物は楽しみです。各県で工夫を凝らし、衣装の準備から練習まで、その取り組む姿勢は真剣です。島根県は“40KARA”踊り、広島はカンカン踊りで“安全・安心の医療・介護を”をアピール、山口は“しり文字”クイズ、岡山は元気な“よさこい”、そして、ご当地西川労組青年部の“神楽”本場の胡舞いと迫力の太鼓に、参加者一同感動の交流会となりました。Cimg0534

flair魅力の4つの分科会
2日目は魅力の4つの分科会。①足のリフレクソロジー②楽しく学ぼう“女性の権利”③原発って本当にいるの?!④そば打ち体験。に分かれて交流しました。

flair来年は山口!7月30-31日は日本母親大会で広島へ
 今年も“3バ(喋れば・食べれば・学び・交流すれば)”で女性パワー溢れる盛り上がった2日間となりました。参加者からは「初めての参加でしたが、沢山の人と出会い、交流できて、とても楽しかったです。次回も参加したいです」「明日からのまた頑張ります。」「ストレス発散!パワーが充電できました」などの感想が寄せられました。女性パワーといえば、今年は日本母親大会は広島で開催されます。引き続き日本母親大会への参加と、来年山口での再会を誓い閉会しました。

« ボーナスと医療経営の「責任」 | トップページ | 介護保険法、ひっそりと?改悪 »

青年・女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/51935473

この記事へのトラックバック一覧です: 過去最高~医療にはたらく女性の集いin玉造:

« ボーナスと医療経営の「責任」 | トップページ | 介護保険法、ひっそりと?改悪 »