« 緊迫!介護保険改悪…(-_-#) | トップページ | 過去最高~医療にはたらく女性の集いin玉造 »

ボーナスと医療経営の「責任」

職場の声、だけではないのです。

1110608

昨年春の「診療報酬プラス改定」は、

「医療を支える人たちの条件を良くしてね!」という

多くの患者さんや市民のみなさんの声があったからこそです。

だから、苦労はあっても、しっかり職員に手当てすることが、

患者・国民、そして職員に対する、医療経営としての責任の取り方でしょう。

ましてや、増収下で一時金切り下げを提案するようなことは、

あってはならないことと考えます。

« 緊迫!介護保険改悪…(-_-#) | トップページ | 過去最高~医療にはたらく女性の集いin玉造 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

よい医療と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーナスと医療経営の「責任」:

« 緊迫!介護保険改悪…(-_-#) | トップページ | 過去最高~医療にはたらく女性の集いin玉造 »