フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 戦国BASARA酒合戦 | トップページ | こなつ署名第5回全国集計 »

“動く女性部会”報告(長文です)

ども・・・dog

10日の女性部学習会の報告です。

    .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

  1210日金曜日、山口県の瀬戸内海に浮かぶ、金魚の形をした周防大島に行っ てきました。15人を乗せたバスは11時には大島へbus温泉施設もある海の見渡せる会場で、地元の仕出し屋さんの豪華お弁当と、現地でお世話をしてくださった“福田さん家のミカン”でお腹を満たし、さっそく“原発学習会”。

F1020412_2講師をお願いしたのは、“茶がゆばあちゃん”(大島の郷土料理) こと藤村英子さん(84歳)。地元大島で“上関原発建設反対”や“大島の静かな空をまもる会”で活動をされている藤村さん。年齢を感じさせないテンポのよい語り口と、熱く、バイタリティー溢れる様子に、参加者は終始圧倒されながらの学習会となりました。

山口県大島の南東に位置する上関町は、室津半島と長島、祝島、八島からなる町。特に建設計画地の田ノ浦は縄文遺跡があり、温暖な気候と黒潮の流入、そして豊富な湾内の湧水で、希少生物と豊かな漁場に恵まれたところ。また、自然海岸が7割しか残ってない瀬戸内海にあって、上関町には未だ7割もの手つかずの海岸が残り、美しい海には、スナメリクジラや絶滅危惧種のカンムリウミスズメや「人類の先祖」と言われるナメクジウオが生息している希少な自然と歴史のある町ということでした。

201012101250000

 1982年に原発計画が発表され30年近く、中電は建設予定地の漁協や付近住民に莫大な補償金をばらまくなどし、原発建設を推し進めてきました。その結果、推進派と反対派で住民は引き裂かれてしまったということです。また、国や自治体も推進の立場で、“電源三法交付金”の大幅拡大や調査海域や建設買収についての法律を次々に改悪し、「自然の権利訴訟」などの裁判闘争も敗訴が続いているというお話でした。

住民の合意と理解のないまますすめられる原発建設。原発は本当に必要なのか?!コマーシャルなどでお金を使い、安全性などを宣伝しているが、貴重な自然を破壊してまで生態や生命に危険のある原発が本当に必要なのか考えてほしい。そして、最後に藤村さんは「私が元気なのは怒っておるから」「理不尽な事には腹が立つ」そんな思いを行動に移し、いろんな集会にも積極的に参加している。新聞への投稿を続けている。世の中、社会や人に関心を持ち学ぶこと!「平和とは学ぶこと」と100分間立ったまま熱く話をされました。

藤村さんが紹介してくださった栗原貞子さんの詩です・・

~原爆と原発はおなじ母胎からうまれた双生児で切り離すことはできない 瞬間的に爆発させれば原爆になり ゆっくり爆発させればエネルギーになる  「原爆、原発一字違い、いずれも同じ地獄いき」~

今回、大島から美しい瀬戸内海を目の当たりに原発について学び、原爆の放射能の恐ろしさを知っているヒロシマの人間として、いのちまもる医療労働者、いのち育む女性として「上関原発建設反対」の声を全国の仲間に広げ、ともに闘っていきたいと思いますF1020415_2

以下、参加者感想です

*私のところからも瀬戸内海が見える。その景色を見るのが私は大好き・・・美しい瀬戸内海、生まれ育った美しい瀬戸内海を守っていきたいと思った。また、藤村さんに出会えてよかった元気をもらえた。*講師の藤村さんのパワフルな姿を見て、自分も常に社会に関心を持って視野を広げ学習することが大切だと思いました。*真っ当な人間が、真っ当に生きなければ、生きる社会にならなければと思った。*お弁当の地元の仕出し屋さんも予想外によかった。元気をもらった1日になった。*自分も瀬戸内海の島出身、火力発電所があるが稼働していない。本当に原発は必要なのか考えてみる必要がある。*愛媛県出身です。ここから愛媛が見える近さにびっくりしま。原発の話も初めて聞いた。いい勉強になった。*原発の問題、何より藤村さんからパワーをもらった。*23歳の青年などいろいろ活動をしている人の存在を知った。藤村さんが80過ぎ、私たちの年代も何かしないといけない、頑張ろうと思った。*私も自然豊かで海の美しいところで育ちました。自然の大切さや、原発の問題についてなにも知らなかったが、関心が持てた。*80過ぎてもあのお元気な様子は、自分も励まされた、温泉にも浸かって、また明日から頑張ろうと思った。*広島か近い、上関。びっくりした。TVではニュースで見ていたが、詳しくは知らなかったので問題意識を持つことができた。*初めての県医労連女性部企画に参加しました。緊張していましたが楽しく過ごせました。いろいろ学べてよかったです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo_2

« 戦国BASARA酒合戦 | トップページ | こなつ署名第5回全国集計 »

青年・女性」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。アクセス地域ランキングナンバー1を狙っている、愛知県医労連のNです。広島県医労連のブログにイヤされている私です♪いつも更新ホントにお疲れ様です。
さて、こなつ署名推進のための「宇宙戦艦ヤマト」の替え歌、笑わせてもらいました(失礼。。。)署名への熱い、熱い情熱を感じます!!!!!
愛知でも書記局のHさんが、ある曲の替え歌を作詞中。乞うご期待。
署名推進、共に頑張りましょね☆

誰もがせめて一つは、「ナンバー・ワン」でありたいものです。『メーデー偽!歌集』をつくるので、投稿してください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/50299335

この記事へのトラックバック一覧です: “動く女性部会”報告(長文です):

« 戦国BASARA酒合戦 | トップページ | こなつ署名第5回全国集計 »