フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 県社保協が対県懇談 | トップページ | 驚きのランチで、「腹芸」披露!? »

組合があったから大きなチャンスに

209122828日は、広島赤十字原爆病院休日手当裁判の9回目でした。

前回以降、形勢不利と見た病院の申し出を受け、原告は以下の和解提案を行ってきました。

  1. 休日出勤手当が、労働協約に基づいた支給であることを認める。
  2. 原告らに対して、休日出勤手当廃止以降現在までの休日出勤手当を支払う。
  3. 原告ら以外の職員にも、手当廃止以降現在までの休日出勤手当を支払う。
  4. 原告らはその余の請求(遅延損害金の請求)を放棄する。
  5. 訴訟費用は各自の負担とする。

しかし病院と日赤本社は、2~5には同意sign03を示すものの、あくまで「労働協約に基づく支給」の事実を否定する姿勢を続けており、ついに本日公判までに結論はでませんでした。

一方、ここにきてようやく、日赤本社側から(組合本部との)折衝を求める状況となっています。全国ではすでに「休日手当廃止」の個別攻撃が停止し、和解協議では「原告以外の救済」も争いがないところまで、優勢なたたかいをすすめられました。いよいよ次回公判(2月3日)が、終盤の節目となります。

岡田委員長をはじめ全日赤の全国支援と、県労連・医労連の仲間からの傍聴支援で、40名近い参加でした。

091228 報告集会では、とりわけ滋賀・大津日赤から参加した看護師組合員さんの発言…

支援に来て、あらためて労働組合の大切さを確信した。組合が無かったら、こんな(優勢な)たたかいはできない。全国の仲間が働き続けられるよう、勝利までがんばりますhappy01

が、大きく印象に残りました。

« 県社保協が対県懇談 | トップページ | 驚きのランチで、「腹芸」披露!? »

ニュース」カテゴリの記事

広島赤十字原爆病院休日手当不払い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/47138207

この記事へのトラックバック一覧です: 組合があったから大きなチャンスに:

« 県社保協が対県懇談 | トップページ | 驚きのランチで、「腹芸」披露!? »