フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« イヴは消費税導入の日 | トップページ | 組合があったから大きなチャンスに »

県社保協が対県懇談

091225_002a 県社保協は25日午後、25項目にわたる要求で広島県庁を訪れ、県当局との懇談にのぞみました。16団体23名の参加(医労連からは…crying)で、県からは各課あわせて8名が対応しました。

澤田カヨ子代表委員は冒頭のあいさつで、「新たな政権と新たな知事のもとで、健康とくらしを最優先にする県政の実現を期待します」shineと述べ、県から示された回答書をもとに、①介護施設入居待機者の解消、②国保や後期高齢者医療制度での資格証発行をとりやめること、③生活保護決定の法定期限「14日ルール」を守ること、④福祉医療公費負担制度の一部負担をとりやめること、⑤保育所最低基準の改善や保育所運営費の引き上げを行うこと、⑥障害者自立支援法の廃止に向け県独自の負担軽減措置をとること-などを重点に懇談をすすめました。

「府中市では、受診のため保険証を求めて窓口を訪ねた経済的困窮者に対し、『歯痛で死ぬことは無い』と保険証を取り上げたまま納付をせまり、3ヶ月経った今も渡していないので、治療を受けられてない」「ギュウギュウ詰めの施設基準緩和は、保育どころか命にも関わる問題。基準の改善を国に迫ってほしい」など、切実な実態を背景にした要望が、時間いっぱい使って続けられました。

091225_005a 短時間枠bearingに思い残すことは多かったのですが、懇談の前後には社保協として、参加団体の要求交流や到達のまとめを行い、「各団体独自の要求運動と、社会保障拡充をめざす社保協としての運動の両方から、活動をつよめ、前進につなげていきましょう!」(事務局)と、互いを激励しあいました。

社会保障の拡充は、医療労働組合の大きな要求です。施設の中だけでなく、「地域で先頭に立ってたたかう」のが医労連流flair。今後いっそう頑張りましょwink

« イヴは消費税導入の日 | トップページ | 組合があったから大きなチャンスに »

よい医療と介護」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/47112799

この記事へのトラックバック一覧です: 県社保協が対県懇談:

« イヴは消費税導入の日 | トップページ | 組合があったから大きなチャンスに »