フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「3キュー」を取ろう! | トップページ | 沈まぬ太陽 »

「まだ足りない!」県は事実からキチンと出発を

2091016 看護師の確保と定着をすすめる施策求め、

本日は「広島県との懇談」へ10人が。up

県からは、医務課長さんと看護グループのみなさんが。

”お決まり”の「要望書提出!」記念写真cameraもそこそこに、

まずは現場の実状を知ってもらいたいと、リレートーク。

6a091016  「年に8日しか有休が取れてない」「夜勤がコワイと新人が辞めていく」「病院間の獲得競争が激しくなり、中山間地での看護師不足はより深刻に」「懸命に確保の努力をしても報われない病院が増え、”紹介手数料”名目でピンはねする業者が活発になっている」…annoy

短時間ではとても伝えきれない実状を背景に、県の努力を求める声、声。

「やめる人を減らさないといけない」と受ける県。問われるのは中身。

私たちの主張は

  • 最大の問題は「絶対数の不足」。いまのままでは需要においつかない。
  • なかでももっとも重点とすべきは「就業条件の改善」を通じた離職防止。

Photo  もうすぐ新しい5年間の看護師確保目標となる「第7次需給見通し」策定。まずはもっと現場の意見を聞いてください、と。

県は、看護職員確保対策協議会というところに相談しながら、施策をすすめてきたそうだが、そこに出された資料が、かなり問題アリ。

「需要数」=常勤換算数だが、「就業者数」=実人数なので、単純比較はできない。比較条件が違う

091016 同じ「業務従事届け」を常勤換算で同一条件にしてみたのが、ウチの資料⇒「091008.pdf」をダウンロード

県は、「需要を上回る就業者」と説明してきたけど、

実際は、「いまだ需要に届かない就業者」が正解。…eye

誤った前提からスタートしても、けっして現場を支える施策は導かれない。

またあらためて、「懇談」よろしくお願いしますねwink

« 「3キュー」を取ろう! | トップページ | 沈まぬ太陽 »

よい医療と介護」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/46500823

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだ足りない!」県は事実からキチンと出発を:

« 「3キュー」を取ろう! | トップページ | 沈まぬ太陽 »