フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 介護労働者がもっと増えますように!県と懇談 | トップページ | 最低賃金で、生活できるのか? »

ハローワーク前で集めた声を、政治へ

091023 23日は、県労連で広島市内2ヶ所のハローワーク前、

失業・求職者へのアンケート調査に取り組んだ。回収は240件。

広島東の求職相談窓口は、15時過ぎまでの受付が「140番」を超えていたsad

全労連として全国で調査をまとめ、秋から冬の政府交渉に活かす。

「そんなのやっても変わらない」とかわす女性二人連れに、「でも、伝えなきゃ変わるはずがないでしょ?」とキャッチ。「幼児の子育てと両立できる仕事が少なすぎる」と本音トークへ。

「募集は”経験者優遇”ばかりで、卒後すぐに就職先をつかめず30代になった自分には、ますますチャンスがまわってこない」と語ってくれた、寂しい笑顔の好青年。

お父さんとお母さんに連れられ来所した小学生男子。居場所がなくて、アンケートに立つ全医労青年役員の周りをウロウロ。3人揃って手をつないで出てきたのは2時間以上も後。「日本語読めないので…」と足早に。頑張った少年のお土産は、全労連のチラシ付きティッシュ3つ。

最低賃金を下回る「時給680円」で週40時間以上。はたらいても社会保険には加入させられず、雇う方の都合でクビにされたのに失業給付もない。その場で労働相談となった方も。

大企業が率先してぶっ壊してきた「雇う側の品格」を、経営側の負担と責任で再建させないといけない。

「企業の無責任」という”穴”があいたバケツそのままでは、いくら税金を注ぎ込んでも…。

« 介護労働者がもっと増えますように!県と懇談 | トップページ | 最低賃金で、生活できるのか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528189/46563466

この記事へのトラックバック一覧です: ハローワーク前で集めた声を、政治へ:

« 介護労働者がもっと増えますように!県と懇談 | トップページ | 最低賃金で、生活できるのか? »