« 笹の葉に願いを託して | トップページ | 「社会保障は車の両輪」って憶えてますか? »

消費税、ぼったくりの20周年

他のどの国よりもタチの悪い「消費税」が、20周年を迎えました。

「社会保障に使う」という口実で導入されましたが、

この20年間、社会保障制度は改悪・負担増の一方通行でした。

それも、年を追うごとに加速度のつく…。

20年で213兆円。

このところは年間13兆円くらい

赤ちゃんもお年よりも、一人当たり10万円。

同じ期間に法人3税の減税額は182兆円。

輸出大企業は、払うどころか、「戻し税」という消費税の還付もあるそうです。

いま、社会保障の拡充を求める世論に押されながら、再び「消費税」の引き上げを「財源」とする動き。

090710_2  今日は広島県内7箇所で、「消費税の増税反対」いっせい宣伝行動。

社会保障の改善につかう財源は、

消費税に求めず、国と大企業が応分の負担をすることで対応可能、とアピール。

広島市では、お昼の商店街に40人が、500枚のチラシと共に。

暮らしと営業守れ!の声に、並ぶお店からも静かな応援が、よせられていました。

« 笹の葉に願いを託して | トップページ | 「社会保障は車の両輪」って憶えてますか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税、ぼったくりの20周年:

« 笹の葉に願いを託して | トップページ | 「社会保障は車の両輪」って憶えてますか? »