フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広島県医労連第45回大会、開催しました❤

1
2
17  17_2

北九州災害ボランティア参加者募集

Saitairen0923
県医労連加盟組織の皆さんへのご案内です。

詳細と申込は下記ダウンロードし、それぞれの組合に。
「saitairen0923.pdf」をダウンロード

広島県医労連8-9月の日程

【広島県医労連の活動予定(8-9月)】
Photo

患者になれない患者をつくらせない!20日「ホットライン」広島でも★

161220 12月20日、社保協が全国で取り組みます。
医労連が参加する広島県社保協も、取り組みます。

161211_2 埼玉の体験者の会見記事をご覧になってください。

病院や診療所に「たどり着く前」に、
いのちと健康を奪われそうになっている、
少なくない「患者になれない患者さん」がいらっしゃいます。

埼玉県平均の「国保差し押さえ率」は8.3%(2014年)。
同じ年度の広島県平均は6.1%ですが、埼玉県平均を上回る市町が10あります。(下画像参照)

あなたの街は、どうですか?

この「ホットライン」をプリントアウトしてご紹介いただける方はコチラ ⇒ 「161220.pdf」をダウンロード
ぜひご協力をおねがいいたします<m(_ _)m>

14161212

「勤務環境の改善」に努めることは、法に定める使用者義務です!

1611_2
法律改正により、医療機関の管理者は
「勤務する医療従事者の勤務環境の改善」などの措置を行うように
努力する義務
が課せられています。  (医療法第30条19)

そして、その「管理者の努力」を、国と県が支援する約束事になっています。
ご存知でしたか?労働組合も、この管理者への「法的義務」を、よく活用しなければいけないと考えます。
2701_2
看護職場の改善課題を「見える化」できる、
県の委託を受け看護協会がプロデュースした
『広島県版自己点検ツール』。
稼働1年目は約6,000件、およそ3分の1の病院でエントリとのこと。
しかし、管理者が「その気」にならないと
「宝のもちぐされ」にもなりかねないのです。

あなたの職場から、アクセスできますか?
できなければ、「要注意」ですね(^_-)-☆

2702_2

«「この裁判には介護の未来がかかっている」署名一次99,563筆提出